学資保険のメリットデメリット

お子さんがいる家庭で人気のある学資保険ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まずメリットですが、必要な時期に合わせて資金をためておけるというのが特徴になっています。仕組みとしては自分で将来のために貯金しているのと同じなのですが、自分ではなかなか貯金ができないものですが、この保険であれば自動的に積み立てておけるので非常に助かります。しかしデメリットとしていえるのが、保険によっては受け取る給付金よりも払うお金のほうが多いことがあるという点です。これは医療保険や生命保険の機能がついている学資保険に多いケースになるのですが、そのような保険は医療保障が優れているため、教育資金として受け取れる給付金がどうしても少なくなってしまいますが、あえて保険に加入しなくても良いのでメリットは大きいといえるでしょう。

学資保険に加入をしたい

お子様のおられるご家庭の方は、専門学校や大学に進学させてあげたいと思っている方がほとんどだと思います。お子様が小さいうちから、必要な教育資金を貯めておく必要がありますが、急に出費が必要になると、計画的にお金を貯めるのが難しいと感じる方が多いと思います。学資保険に加入をすることで、教育費の負担の大きい大学入学時に備えることが出来ます。中学や高校の入学時に備えることが出来るタイプの商品も紹介されています。お子様が小さいうちから学資保険に加入をしておくことで、必要な教育費を準備できますし、満期時にはまとまったお金を受け取ることが出来るので、安心です。数多くの商品が紹介されているので、ライフスタイルに合った商品を選ぶことが大切です。お子様が病気や怪我をして入院が必要になった時でも、必要な補償がついています。

学資保険を選ぶ際のポイント

学資保険を選ぶ際のポイントとしてはどのような点を挙げることができるのでしょうか。まず挙げることができるのが返戻率がどのようになっているのかという点です。学資保険というのは、一定期間にわたって保険料を支払うことによってあらかじめ決めた時期にまとまった保険金を受け取ることができるというものになっているのですが、最近では生命保険や医療保険というものが一緒になっているものもあり、なかには支払ったお金のほうが受け取る金額よりも多くなってしまうものがあります。場合によっては医療保険には別で加入をして、後は学資保険でまかなうという方法が良い場合もあるでしょう。いずれにせよ保険や保険会社によっても違いがありますので、よく違いを理解して保険加入するようにしたいものです。保険比較をしているサイトなどを参考にできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です