子供のことを考えると学資保険はおすすめです

親が子供の成長を思う気持ちはいつの時代にも変わりません。子供が良い学校に進学してくれる方が親としても嬉しいでしょう。しかし良い学校は国公立ならば多少は出費を抑えることもできますが、私立ですとそうもいきません。私立の医歯薬系ですと多額のお金が必要になってきます。家計の経済状況にもよるのですが、出来る限り希望する学校へ進学させたいと思うものです。金銭的な備えとしては学資保険があります。子供が幼いころから積み立てていき、進学の時の費用に充当できるものです。また、貯蓄性もあるので預金金利の低い現状では有効なのです。また、生命保険の機能もありますので、契約している父親がなんらかの理由で亡くなられた場合や障害者になって働けなくなった場合では、それからの保険料が免除になるようなタイプもあります。子供のことを思うのであれば学資保険はおすすめです。

子どものために学資保険に加入する

子どもが産まれてから私も意識するようになりましたが学資保険に加入しているお父さん、お母さんは多いと思います。よく銀行や郵便局へ行くと学資保険の加入を勧めるポスターや旗があがっています。この保険は将来子どもが大学へ進むときなどに役立つ為に積み立てて行くようなものです。20歳になった時にはかなり溜まっているので、かなり助かります。かける銀行などによっても率が変わるのでどこで加入するのが自分たちに1番合うのかよく調べてから加入するといいでしょう。学資保険の目的は大学などの進学資金に当てる人が多いですが、その他車を買うのに使ったりする人もいると聞きました。使い道は何であれ、子どもの為に加入しておくといいと思います。実際、自分たちで子どもの為にと貯金をしていてもなかなか安定して貯金するのは難しいので我が家でも検討していきたいです。

学資保険で教育資金。

子どもが生まれてすぐ入った最初の保険が学資保険です。特に何も考えず、親にもしもの時の保証があってお金が積み立てられるからいいな、程度の認識で入ったのを覚えています。最初の子のときに払込満了日を見て、その年月日にピンとこず、いったいこれはいつの話なんだろうと、あまりにも遠い未来に呆然としたのもつい昨日のようです。この時、色々と親身になって相談に乗ってくださった窓口の方との話で「将来お子様の教育資金としてこのぐらいが妥当ですが、毎月無理がないように金額を決めましょう」と言われました。確かに払えなくなっては元も子もないので、よく相談して決め、最後まで無理なく積み立てられたと思います。それに進学時にでる健康祝い金もとても助かりました。その都度制服や、学用品に使うことができ、余裕を持って準備できたこともいいところだと思います。コツコツと払い込めばいつかは終わりが来るもので、保険というより積立という感覚でうまく教育資金を貯めることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です